はしくれライダーのバイクとその他の日記('ω')ノ

愛車はNC700X、自称『東京○○区の遅い弾丸』 出来れば安全運転で・・・バイクとその他の日記('ω')ノ

 ブログの記事一覧 スマホでナビを快適に使う バイク用品買って使った日記 ツーリング日記 登山の日記 バイク漫画

NC700Xのオイル交換+オイルフィルター交換を初心者でも何とかやってみる!

こんにちは、うでです。

NC700Xが10000キロ目前でオイル交換の時期がやってきました。

三回目のオイル交換なのですが、今回は自分でやります。

初めてのバイクのオイル交換です( ゚Д゚)ヤルゾー

 

いつものように公園にNC700Xを移動させてさっそく作業開始です!

 


※きっちりオイル変えてやるからな!(´・ω・)♪

 

 

本当に初めてやるオイル交換ですのでネットと私の参考書で

予備知識を入れておきました(*'▽')フムフム

 


※こいつが私の参考書、モデル車両がNC700Xなんですよ。

 

 

まずはアンダーカウルを外します。

 


※この下の部分を外します。

 

 

複雑にくっついているのかと思いきや、

ボルトはたったの二つだけでした!

 


※反対側にもう一個あるだけ!

 

 

六角レンチでボルトを外します。

 


※結構固く締まってました。

 

 

反対側のボルトも取り外して外れました。

結構汚れていますが今回は汚れを落としませんでした(;´・ω・)マタコンド

 


※クリーナーを持って来てなかったのです。

 

 

アンダーカウルは二つのボルトと

さらに四個のひっかける部分があって止まっています。

 


※この出っ張りを折らないように注意が必要です。

 

 

出っ張は下の写真の穴に差し込まれています。

 


※ボルトが少ないので取り外しは本当に簡単でした。

 

 

さていよいよオイルを抜きますよ。

ドレンボルトの位置を確認します。

結構奥まった部分にあるんですね。

 


※作業はサイドスタンドでやっております。

 

さらに今回はオイルフィルターも交換します。

 


※かなり汚れていますね(;´・ω・)ウーン

 

 

まずはオイルを抜きやすくするためにアイドリングでオイルを温めます。

 


※エンジンをかけます。

 

 

五分ほどエンジンをかけて程よく温めた後は

いよいよドレンボルトをレンチで外します(`・ω・´)イクゼ

レンチを差し込んで回そうとしたのですが手では回せませんでした。

結局、足でけって緩めました。

 


※かなり固かったです。

 

 

ドレンボルトを緩めたら後は手で回して外しました。

温まったマフラーに手が触れてすごく熱かったです(;´・ω・)ヤケド・・・

 

ドレンボルトを外したらドバーっと真っ黒いオイルが出てきました。

もちろんオイル処理箱を用意しております。

ポイパック4.5Lを買っておきました(*'ω'*)♪

 


※オイルは勢いよく出るので処理箱の位置に注意です!

 

 

オイルを抜いている途中でオイルフィラーキャップを外すと

オイルが抜けやすいとのことでフィラーキャップを外しました。

ただ、これまたメチャクチャ固い!

いったいどうやって外すんだー (;∀;)ムリ

とちょっと挫折しそうになったんですが、頑張ってぐりぐりやったり、

レンチでカンカン叩いていたら少し緩んで何とか外せました。

 


※いい開け方あるのかな( ゚Д゚)??

 

ある程度オイルが抜けたところでオイルフィルターを外します。

 


※この黒いのを外して新しいのにします。

 

 

今回用意したのは

ホンダ純正部品の

オイルフィルターとフィルターレンチのセット。

ちなみにNC700Xの純正のオイルフィルターの型番は15410-MFJ-D01のようです。

フィルターレンチセットの型番は15410-MFJ-D01。

この型番調べるのにちょっと難儀しました(;´・ω・)タイヘンダッタ

 

オイルフィルターにフィルターレンチを被せて

 


※被せて回すだけなので外すのは簡単!

 

 

後はレンチでゆるめるだけ!

手で回せる程度になったら手で取り外します。

 


※ぐっと力を入れて緩めます。

 

緩めるとオイルフィルターからもダラーっとオイルが垂れてきます。

箱の位置は気を付けないとだめですね(*'▽')ヌケロー

 


※事前に予備知識を入れておいて良かった(`・ω・´)ヨシ

 

 

オイルフィルターを外したらオイルが抜けるのをしばし待ちます。

 


※ここからも結構たくさん抜けるんですね。

 

ここまではサイドスタンドで作業をしていたんですが、

試しにメインスタンドにしてみました。

するともうそろそろオイル抜けきったかなーってところから

さらにオイルがドローっと出てきました。

・・・メインスタンドの方がオイル抜けやすいのね(;´・ω・)ソウナノネ

 


※斜めになっているからサイドスタンドの方が抜けやすいと思ってました。

 

 

さて大体オイルが抜けたら新しいオイルフィルターに交換です。

 


※ちょっと汚れましたがこれ新品です。

 

 

新しいオイルフィルターのゴムのOリングに古いオイルを塗ります。

これをやっておかないとゴムが切れる場合があるんですね。

 


※この作業知らなかった(*´Д`)ヌリヌリ

 

 

後は手ではめてある程度締めていきます。

 


※手ではめてクルクル('ω')ノクルクル

 

 

最後にフィルターレンチでギュッと締めていきます。

本当は既定のトルクが決まっているようですが、

トルクレンチを持ってないのでカンです(;´・ω・)ダイジョウブ?

 


※トルクレンチほしいなぁ( ゚Д゚)ホシイ!

 

 

とりあえず取り付け完了!

 


※ここまで順調ですね(;´・ω・)ダヨネ?

 

 

さて続いてはドレンボルトを締めます。

ちゃんとドレンボルトのワッシャー(ドレンパッキンって言うの?)も

新しいものを用意しました。

これも中々どれがNC700Xに適合するかわからなかったのですが、

コイツがNC700Xに適合するドレンパッキンみたい。

 


※毎回交換した方がいいんですよね?

 

 

ドレンボルトにドレンパッキンをはめて

 


※ドレンボルトは一応チェーンクリーナーで掃除しておきました。

 

 

ある回せるのところまでは手回しで取り付けます。

 


※このころにはマフラーも冷めていたので安心でした(*'▽')アツクナイ!

 

 

最後にレンチでグッと締め付けました。

 


※結構強めに締め付けました。

 

 

後はオイルを入れていきます。

オイルの種類はホンダ純正の ULTRA G2 にしました。

NC700Xの取扱説明書にはULTRA G1指定だったと思うんですが、

ネットで調べているとG2を入れている方がたくさんいらっしゃったので、

私も便乗してG2にしました。

まぁ、値段もそんなに変わらないのでいい方を入れておきます。

 


※オイルフィルター交換時は3.4L入れるのが目安です。

 

 

三本入れた後さらに300ml追加します。

 


※きっちり300ml図りました。

 

 

オイルを入れたらオイルフィラーキャップを締めて、

エンジンを3分ほど回してオイルをエンジンの隅々に行き届かせます。

後はオイルゲージを確認してオイルの量を見ます。

 


※オイルゲージをしかっり拭いきました。

 

 

差し込みます!

回さずに差し込むだけですよね( ゚Д゚)マワスナ!

 


※ちょっとだけ地面にオイルがこぼれてます(;´・ω・)ゴメン

 

 

オイルフィラーキャップを抜いてオイルの量を確認。

一応規定量近くは入っているみたいです。

 


※先端から真ん中の間にあればいいんですよね?(*'▽')デキタ?

 

 

ただ一応3.4Lが目安で3.3Lしか入れていないので、

さらに100ml追加してみることにしました。

何分初めてですので100ml足すとどうなるか知りたかったんです。

 


※追加中!

 

 

下の写真はちょっと見えにくいですが、

大体オイルゲージの真ん中ぐらいになりましたので、

これで良しとします(*'ω'*)デキター!

 


※もう少し入れても良かったかな?

 

 

後はオイルフィラーキャップを締め付けてオイル交換は終了!

このやり方であってますよね(;´・ω・)?

 

ところで一つ疑問なのですが、

今回は3.4Lオイルを入れるために

1Lのオイル缶を4本買って0.6L余っています。

この余ったオイルは

次回のオイル交換に使えるんでしょうか?( ゚Д゚)ワカラン

 

まぁ一応フタをして大事にとっておきます。

 

 

また一つメンテできるようになったぜNC700X!

今度アンダーカウル洗ってやるからな( ;∀;)キタナイ

 

 

 

次回ブログ予告!

涼を求めて!埼玉県長瀞阿左美冷蔵かき氷ツーリング!

お楽しみに!('ω')ノマタミテネ

 

 

↓初オイル交換おめでとーって思ったら押してね゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ  
にほんブログ村  バイク ブログランキングへ